ジャック・スピッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャック・スピッツ(Jacques Spitz、1896年 - 1963年)はフランスの小説家。

アルジェリア生まれ。エコール・ポリテクニーク卒業者で、技術コンサルタントであった彼は、極めて近代的なSF小説を幾編か執筆した。冷笑的で、皮肉で、悲観的でもあり、シュルレアリスムの影響を受けた彼の文体はピエール・ブールのそれを想起させる。彼の小説には否定しがたい品質を持っている物もあるが、ジャック・スピッツは今日ではほぼ忘れ去られ、その小説はほとんど希書となっている。フランスのSF編集者・評論家ジャック・サドゥールはスピッツを(フランス語圏における)「戦前の科学小説の最後の重要作家」([1]412ページ下段より引用)と位置づけている。

代表作としては、蝿が突然変異で知能を獲得して人類を駆逐する"La Guerre des Mouches" (1938)(蝿の戦争)[2][1]、未来の独裁社会から金星への脱出を描いた"Les Évadés de l'an 4000" (1936) (西暦4000年の亡命者)[1]マッド・サイエンティストに特殊な視覚を与えられた男の体験談"L'Œil du Purgatoire" (1945) (煉獄の目)[1]が挙げられる。これらを始め、スピッツの作品は日本語には一編も翻訳されていない(2009年現在)。

作品リスト[編集]

  • La Croisière Indécise, 1926.
  • La Mise en Plis, Éditions du Logis, 1928.
  • Le Vent du Monde, Gallimard, 1928.
  • Le Voyage Muet, Gallimard, 1930.
  • Les Dames de Velours, Gallimard, 1933.
  • L'Agonie du Globe, Gallimard, 1935. Réédité aux Ed. Septimus en 1977, illustrations de Mœbius.
  • Les Évadés de l'an 4000, Gallimard, 1936, réédité en 1948.
  • L'Homme Élastique, Gallimard Nrf, 1938, reparu chez Marabout en 1974.
  • La Guerre des Mouches, Gallimard, 1938, réédité chez Ombres en 1998.
  • L'Expérience du Dr. Mops, Gallimard, 1939, reparu chez Presses Pocket/Robert Laffont, 1972.
  • La Parcelle "Z", Jean Vigneau, 1942.
  • Les Signaux du Soleil, Jean Vigneau, 1943, réédité chez Omnibus, in Chasseurs de Chimère, préface de Serge Lehman, 2006.
  • L'Œil du Purgatoire, 1945, reparu chez Robert Laffont, 1972 puis Presses Pocket, 1980.
  • La Forêt des Sept-Pies, Éditions Maréchal, 1946.
  • Ceci est un Drame, Les Éditions de la Nouvelle France, 1947.
  • Albine au Poitrail, Éditions Debresse, 1956.

出典[編集]

  1. ^ a b c d ジャック・サドゥール著、鹿島茂・鈴木秀治訳『現代SFの歴史』早川書房、1984年
  2. ^ ジャン・ガッテニョ著、小林茂訳『SF小説』白水社〈文庫クセジュ〉、1971年

外部リンク[編集]