ジャイマ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャイマ
Llaima Volcano.jpg
ジャイマ山
標高 3,125 m
所在地 チリの旗 チリ
位置 南緯38度41分45秒 西経71度43分54秒 / 南緯38.69583度 西経71.73167度 / -38.69583; -71.73167座標: 南緯38度41分45秒 西経71度43分54秒 / 南緯38.69583度 西経71.73167度 / -38.69583; -71.73167
山系 アンデス山脈
種類 成層火山
最新噴火 2009年4月5日
ジャイマ山の位置(チリ内)
ジャイマ山
ジャイマ山
ジャイマ山の位置(チリ
テンプレートを表示
2008年1月1日の噴火

ジャイマLlaima)は、チリ南部にある活火山。標高は3,125m。

概要[編集]

チリにある火山で最も活発な火山の一つであり、頻繁に中程度の噴火をおこす。17世紀に噴火の記録があって以来、これまでにおよそ60回噴火している。山頂に火口が2つあるのが特徴。最近は2009年4月5日に噴火している。

主な噴火歴[編集]

2008年の噴火[編集]

  • 1月1日、1994年以来13年ぶりに噴火。火口から溶岩が流れた。近隣住民約150人が避難した[1]
  • 2月5日、噴火。近隣住民約20人避難。[2]
  • 7月1日、噴火。溶岩を流出。翌2日も溶岩を流出させ、周辺住民に避難命令を発令。また、スキー場にいた人全員も避難した。政府は、この溶岩流出により積雪が溶けて土石流などが発生するとして、ジャイマ山周辺約15kmを立ち入り禁止にした[3]
    また、この噴火の約2カ月前には同じチリ国内にある火山、チャイテン山が大噴火を起こしている。
  • 7月10日、早朝に大きな噴火。近隣の6つの地域に非常警報を発令[4]

2009年の噴火[編集]

  • 4月4日、噴火。周辺8地区の住民約70人に避難命令が出される[5]


脚注[編集]

  1. ^ “チリ南部で火山噴火、150人が避難”. AFPBB News. (2008年1月3日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2332063/2493874 2012年8月10日閲覧。 
  2. ^ “チリ南部の火山が再び噴火”. AFPBB News. (2008年2月7日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2347475/2604031 2012年8月10日閲覧。 
  3. ^ http://www.jma.go.jp/jma/press/0807/09a/0806kazan2.pdf#search='ジャイマ山'
  4. ^ “チリ南部のジャイマ火山で大規模な噴火”. AFPBB News. (2008年7月15日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2417927/3119936 2012年8月10日閲覧。 
  5. ^ “チリ南部で噴火、周辺住民に避難命令”. AFPBB News. (2009年4月4日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2589919/4002151 2012年8月10日閲覧。