ジェームズ・スティルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・スティルマン
生誕 1850年6月9日
テキサス州ブラウンズビル
死没 1918年3月15日(67歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 実業家、銀行家
純資産 $7,700万ドル(死去時の遺産総額。当時の米国GNPの989分の1。)[1]
配偶者 サラ・エリザベス・ランリル(Sarah Elizabeth Rumrill)

ジェームズ・スティルマン英語: James Jewett Stillman1850年6月9日 - 1918年3月15日)は、アメリカ合衆国実業家銀行家ニューヨークテキサスメキシコ不動産業銀行業鉄道業などを手掛け、1891年から1909年までナショナル・シティ銀行(シティバンクの前身)の頭取を務めた。

生涯[編集]

1850年6月、テキサス州ブラウンズビルにて、チャールズ・スティルマン(Charles Stillman)とエリザベス・パメラ・スティルマン(旧姓グッドリッチ)との間に生まれる。1872年、テキサス州内の16の銀行と、テキサス南部リオグランデ・バレーのコーパスクリスティカービルの不動産など、父チャールズがニューヨーク、テキサス、メキシコに築いた金融・不動産王国を引き継いだ[2]。また、W・H・ハリマン、ジェイコブ・シフウィリアム・ロックフェラーらと共に、テキサス・アンド・パシフィック鉄道サザン・パシフィック鉄道インターナショナル・グレート・ノーザン鉄道ユニオン・パシフィック・サザン鉄道セントルイス・ブラウンビル・アンド・メキシコ鉄道など、テキサスの主要な鉄道会社を掌握した。

1876年にはメキシコの軍人・政治家ポルフィリオ・ディアスの武装蜂起を支援している[2]

1891年から1909年までナショナル・シティ銀行頭取、1909年からは同行取締役会長を務め、1918年に会長職在職のまま死去した[3]

死後[編集]

莫大な遺産を遺し、「100人の裕福なアメリカ人」の一人に選ばれたこともある[1]。 長男ジェームズ・A・スティルマンも後にナショナル・シティ銀行頭取を務めた。またスティルマンの2人の娘サラとイザベルは、それぞれスタンダード・オイル社幹部であるウィリアム・ロックフェラーの息子ウィリアムおよびパーシーと結婚している。孫のジェームズ・スティルマン・ロックフェラーは1952年から1959年までナショナル・シティ銀行頭取(ナショナル・シティ銀行は、1955年にニューヨーク・ファースト・ナショナル銀行と合併し「ファースト・ナショナル・シティバンク・オブ・ニューヨーク」となっている)、1959年から1967年までは同行会長を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b Klepper, Michael; Gunther, Michael (1996), The Wealthy 100: From Benjamin Franklin to Bill Gates—A Ranking of the Richest Americans, Past and Present, シコーカス (ニュージャージー州): Carol Publishing Group, p. xi, ISBN 9780806518008, OCLC 33818143 
  2. ^ a b John Mason Hart. “STILLMAN, JAMES”. The Handbook of Texas Online. テキサス州立歴史協会(Texas State Historical Association). 2012年5月1日閲覧。
  3. ^ ロバート・F・ブルナー、ショーン・D・カー著 雨宮寛今井章子訳 『ザ・パニック 1907年金融恐慌の真相』 東洋経済新報社2009年ISBN 978-4-492-44361-3, pp. 312-313

関連文献[編集]

  • John K. Winkler, The First Billion: The Stillmans and the National City Bank (New York: Vanguard, 1934).

外部リンク[編集]