ジェームス・J・ジェフリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームス・J・ジェフリーズ
James J Jeffries.jpg
基本情報
本名 James Jackson Jeffries
通称 ボイラーメイカー
階級 ヘビー級
身長 183cm[文献 1]
リーチ 194cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1875年4月15日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オハイオ州キャロル
死没日 1953年3月3日(満77歳没)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州バーバンク
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 18
KO勝ち 15
敗け 1
引き分け 2
無効試合 1
テンプレートを表示

ジェームス・J・ジェフリーズJames J. Jeffries、男性、1875年4月15日 - 1953年3月3日)は、アメリカ合衆国プロボクサー。本名はジェームス・ジャクソン・ジェフリーズJames Jackson Jeffries)。オハイオ州キャロル出身。元世界ヘビー級王者。

来歴[編集]

オハイオ州キャロルの農家に生まれ、6歳の時にカリフォルニア州ロサンゼルスに移住した[文献 2]。少年時代からボイラー工場で働いていた(ニックネーム「ボイラーメイカー」の由来でもある)[文献 2]

1896年7月2日、21歳でプロデビュー。

1897年ジェームス・J・コーベットの所属ジム「オリンピッククラブ」に招かれ、スパーリングパートナーを務めるようになった[文献 2]

1898年3月22日、ピーター・ジャクソンと対戦し、3回TKO勝ち。

1898年5月6日、トム・シャーキーと対戦し、20回判定勝ち。

1899年6月9日、世界ヘビー級王者ボブ・フィッシモンズに挑戦し、11回KO勝ちで世界王座を獲得した[文献 2]

1899年11月3日、防衛戦でトム・シャーキーと再戦し、25回判定勝ちで初防衛に成功した。

1900年4月6日、防衛戦でジャック・フィネガンと対戦し、初回KO勝ちで2度目の防衛に成功した。

1900年5月11日、防衛戦でジェームス・J・コーベットと対戦し、23回に左フックでKO勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

1901年11月15日、防衛戦でガス・ルーリンと対戦し、5回TKO勝ちで4度目の防衛に成功した。

1902年7月25日、防衛戦でボブ・フィッシモンズと再戦し、8回KO勝ちで5度目の防衛に成功した。

1903年8月14日、防衛戦でジェームス・J・コーベットと対戦し、10回に2度のダウンを奪い棄権によるTKO勝ちを収め6度目の防衛に成功した。

1904年8月26日、防衛戦でジャック・モンローと対戦し、2回TKO勝ちで7度目の防衛に成功した。この試合を最後に王座を返上し、無敗のまま引退。サンフェルナンドバレーで農園を開いた[文献 2]

1910年7月4日、ジェフリーズ引退後に黒人初の世界ヘビー級王者となったジャック・ジョンソンと対戦するために約6年ぶりに復帰するも、15回TKO負けで王座返り咲きに失敗し、そのまま再び引退した[文献 2]

獲得タイトル[編集]

参考文献[編集]

  • 『ボクシングヘビー級最強伝説』 ベースボール・マガジン社、2009年5月29日
  1. ^ 113頁
  2. ^ a b c d e f 70-72頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ボブ・フィッシモンズ
第4代世界ヘビー級王者

1899年6月9日 - 1904年(返上)

空位
次タイトル獲得者
マービン・ハート