ジェプツンタンパ6世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェプツンタンパ6世1842年 - 1848年)は、モンゴルの北部ハルハを本拠として活動した化身ラマの名跡ジェプツンタンパの第6代。法名としてロサン・テンペーギェンツェンの名をもつ。

転生と夭折[編集]

第6世はチベットウー地方のロバの牧者の子として1842年に誕生した。1848年、ハルハから5000人の大迎接団がチベットにおもむき、ゲルク派の寺院やダライラマパンチェンラマらに大規模な寄進をおこない、第6世を引き取ってハルハにもどった。6世は天然痘に罹患し、ハルハに滞在することわずか59日目に、あえなく夭折した[1]

脚注[編集]

  1. ^ 橋本, 1942, p.128-129

参考文献[編集]

  1. 札奇斯欽「蒙古政教領袖、哲布尊丹巴與西藏之関係」『蒙古與西藏歴史關係之研究』正中書局、1978年、ISBN 957-09-0358-9、第18章 pp.609-670
  2. 橋本光寳「蒙古の二大喇嘛 第一節 哲布尊丹呼圖克圖」『蒙古の喇嘛教』佛教公論社、1942年、第四章 pp.113-121

関連項目[編集]