ジェピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
教会

ジェピン(Rzepin)はポーランドの都市。ドイツ語ではレッペン(Reppen)と称される。オーデル川の東に位置する小さな街で、ドイツ国境を抜けてポーランドに入る国際列車が通過する。

地勢[編集]

ドイツ・ポーランド国境に近い交通の要所。鉄道と道路が両国間を結んでいる。近隣の都市としては、約20キロ西のフランクフルト・アン・デア・オーデル(ドイツ領)、100キロ西のベルリン(ドイツ領)、40キロ北のゴジュフ・ヴィエルコポルスキなどが挙げられる。

歴史[編集]

フランクフルト・アン・デア・オーデルとポズナニ(ポーゼン)を結ぶ交易路の途上に位置しており、中世より集落が形成されていた。17世紀の三十年戦争やペストの流行により一旦は荒廃したが、18世紀よりプロイセン王フリードリヒ1世のもとで復興が進んだ。19世紀後半、ベルリンからジェピンを経てポーゼン(ポズナニ)へと至る鉄道が開通した。第二次世界大戦後、ジェピンはポーランド領となった。

外部リンク[編集]