シュナミティズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュナミティズム: shunamitism, shunammitism)は、スナミティスム、シュナミズムとも呼ばれ、老人が、性交をせず裸の処女添い寝をする事で若さを回復するという、迷信的な回春術である。

語源は『旧約聖書列王記上の冒頭部に載せるダビデ王の話である。ダビデ王は晩年、老齢のため服を重ね着しても体が温まらなくなった。そこで周囲の進言を容れて、若い処女をふところに抱いて休むことにした。シュナミ(シュネム)生まれのアビシャグ: Abishag a Shunammite)という美しい童女が選ばれ、ダビデ王に仕えることになったが、性交することはなかったという。

このような、少女の柔肌と接触することで若いエキスを吸収するという接触呪術的な回春術は、古来、世界各地に存在した。

古代中国の性書『素女経』には「よろしく交接の法を知るべきである。法の要点は、多くの少女を御して、しばしば精を漏らさぬようにすることだ。そうすれば体は軽くなり、百病は消えてなくなるだろう」とある。

古代ローマクラウディウス帝もシュナミティズムを実践したとされる。

18世紀末のパリでは、裕福な老人客を相手に、14歳~15歳の処女を二人、全裸で添い寝をさせるサービスをするサロンが繁盛した。

日本でも川端康成が小説『眠れる美女』でシュナミティズムの秘密クラブの世界を描いている。

参考文献[編集]