シャルロッテ・アマーリエ・フォン・ヘッセン=カッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルロッテ・アマーリエ王妃

シャルロッテ・アマーリエ・フォン・ヘッセン=カッセル:Charlotte Amalie von Hessen-Kassel, 1650年4月27日 - 1714年3月27日)は、デンマーク=ノルウェーの王クリスチャン5世の王妃。デンマーク語名ではCharlotte Amalie af Hessen-Kassel。ヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム6世と妃ヘートヴィヒ・ゾフィーブランデンブルク選帝侯ゲオルク・ヴィルヘルムの娘)の娘として、カッセルで生まれた。

1667年6月、クリスチャン王子と結婚し、1670年に王妃となった。彼女は改革派教会の信仰が篤く、デンマーク初の改革派教会を建設した。国民的人気の高い王妃であり、1700年スウェーデンカール12世シェラン島に侵攻すると、コペンハーゲン守備の一角を指揮した。

シャルロッテ・アマーリエは国中に不動産を所有し、管理に手腕を発揮していた。夫が1699年に先立つと、彼女は自分が購入した建物の一つに移り住んだ。1700年から亡くなるまで住み、彼女の名前にちなんだシャルロッテンボー宮殿である。この建物は1754年からデンマーク王立芸術協会の所有となった。

シャルロッテ・アマーリエはコペンハーゲンで亡くなり、ロスキレ大聖堂に葬られた。

子女[編集]

  • フレデリク4世(1671年 - 1730年)
  • クリスチャン(1672年 - 1673年)
  • クリスチャン(1675年 - 1695年)
  • ソフィー・ヘドヴィグ(1677年 - 1735年)
  • カール(1680年 - 1729年)
  • クリスティアーネ(夭折)
  • ヴィルヘルム(1687年 - 1705年)

関連項目[編集]