シャルル・エミール・レイノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1892年のレイノーによるテアトル・オプティーク初上映(ルイ・ポイエ画)

シャルル・エミール・レイノーCharles-Émile Reynaud1844年12月8日 - 1918年1月9日)は、フランスの理科教師であり発明家。テアトル・オプティークを用いた世界初の動画上映により、レイノーはアニメーション映画の先駆者であったと考えられている。

レイノーは1877年にプラキシノスコープを発明し、1888年にはプラキシノスコープの像をスクリーンに上映する装置テアトル・オプティークを発明した。そして1892年10月28日パリグレヴァン蝋人形館で、テアトル・オプティークを用いた世界最初のアニメーション作品『哀れなピエロ』(原題:Pauvre Pierrot)を上映した。この作品では世界で初めてフィルム・パーフォレーションが用いられていた。

作品[編集]

  • 一杯のビール』(原題:Un bon bock、1892年)
  • 『哀れなピエロ』(原題:Pauvre Pierrot、1892年)
  • 道化師と犬』(原題:Le clown et ses chiens 、1892年)
  • 『炉縁の夢』(原題:Rêve au coin du feu、1894年)
  • 『脱衣所のまわりで』(原題:Autour d'une cabine、1895年)

外部リンク[編集]