シャコー帽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャコー帽(シャコーぼう Shako)は目庇のある、高い円筒形の帽子である。前面に大型の金属徽章と、上部に羽の前立が付されることが通常である。

18世紀のハンガリー騎兵の帽子に由来する。製が多く、重い反面、頭部を保護する実用性に欠けるため、廃れた。日本陸軍でも明治半ばまで下士兵卒の帽子として採用していた(日本陸軍の軍服)。

現代軍隊ではシャコー帽は、通常勤務服には用いられず、米陸軍士官学校韓国陸軍士官学校生徒など一部の士官候補生フランス共和国親衛隊歩兵部隊など一部の近衛兵軍楽隊などで用いられることがある。民間ではマーチングバンドの服装として用いられる場合がある。

関連項目[編集]