シマ (地球科学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シマ(sima)は地球内部構造の中層を指す地球科学用語。下部地殻(B層)の玄武岩質層(別名斑れい岩質層)に相当し、玄武岩など苦鉄質岩を特徴とするとされた。しかし、現在は地殻を物質的にほぼ均質であると見なすため、この用語はあまり使われない。

地質学者エドアルト・ジュースは地球の内部が三層からなると考え、上からサル(sal、後にウェゲナーシアル(sial)と改称)、シマ(sima)、ニフェ(nife)と名づけた。それぞれその層に特徴的な元素であるケイ素(Si)とアルミニウム(Al)、ケイ素マグネシウム(Mg)、(Fe)とニッケル(Ni)の元素記号を組み合わせた造語である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]