シマフグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シマフグ
保全状況評価
DATA DEFICIENT (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: フグ目 Tetraodontiformes
: フグ科 Tetraodontidae
: トラフグ属 Takifugu
: シマフグ T. xanthopterus
学名
Takifugu xanthopterus
(Temminck & Schlegel, 1850)
和名
シマフグ

シマフグ(縞河豚、Takifugu xanthopterus)はフグ目フグ科に属する魚。

特徴[編集]

全長60cm程度で、ほかのフグ科の魚同様テトロドトキシン(フグ毒)が含まれる。卵巣、肝臓は特に毒性が強い。 分布は、相模湾以南。東北地方で見られることもある。

利用[編集]

肝臓などに毒はあるが、身は鍋料理や味噌汁刺身などとして食用にされる。

外部リンク[編集]