シドニー・パーキンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シドニー・パーキンソン

シドニー・パーキンソン(Sydney Parkinson、1745年頃 – 1771年1月26日)は、スコットランドクエーカー教徒で、博物画家である。

1762年にパーキンソンはジョセフ・バンクスによって記録画家として雇われ、ジェームズ・クックエンデバー号による第1回の太平洋航海に参加した。バンクスやダニエル・ソランダーが集めた数千の植物や動物の博物画を描いた。何百という標本に囲まれた狭い船室で暮らし、絵を描いた。タヒチでは絵の具にたかるハエの大群に悩まされた。パーキンソンはケープタウンへ向かう途中のジャワ島沖で赤痢にかかり、船上で没した。バンクスは彼の親族に多くの報酬を払った。

パーキンソンを記念して、クロミズナギドリProcellaria parkinsoni)に献名された。パーキンソンの描いた図は1988年に35巻のAlecto Historical Editionsとして出版され、ロンドン自然史博物館によってデジタル化された。1986年オーストラリアで肖像が記念切手として発行された。

パーキンソンの植物画[編集]

参考文献[編集]