ザドキエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブラハムを阻止する天使ザドキエル

ザドキエル(Zadkiel)はユダヤ教の伝承に伝えられる天使の一人。ツァドキエル(Tsadkiel)とも。 その名は「神の正義」を意味する。

生命の樹のケセドの守護天使である。 他にも、「主天使の長」、「木星の天使」、「慈善・慈悲・記憶の天使」などの肩書きを持つ。

アブラハムが神への忠誠を試され、我が子であるイサクを生け贄として捧げようとした時、 ザドキエルはこれを直前で阻止したとされる。 故に「アブラハムの個人教授」と呼ばれる事がある。

アザゼルと同一視される事もある。

参考文献[編集]

  • 真野隆也『天使』 新紀元社、1995年。
  • PHP文庫『「天使」と「悪魔」がよくわかる本』 PHP研究所、2006年。

関連項目[編集]