サンクトペテルブルクの市旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンクトペテルブルクの市旗 (サンクトペテルブルクのしき) は、赤地の中央部にサンクトペテルブルクの市章チャージ部分(交差した銀色の海のと川の錨、金の王笏)を配したデザインの旗である。1991年9月6日に制定された。縦横比は2:3。

錨はそれぞれの中央で交差しており、海の錨は(上部)左側の、川の錨は(上部)右側のものであり、同市に川と港の両方があることを反映したものである。王笏が錨の交差の上に置かれているのは、サンクトペテルブルクが以前ロシア帝国首都であったことを示している。

外部リンク[編集]