サミュエル・スマイルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サミュエル・スマイルズSamuel Smiles, 1812年12月23日 - 1904年4月16日)は、英国作家医者スコットランド・ハディントン生まれ。

当初エディンバラで医者を開業したが、後に著述に専念するようになった。1858年にジョン・マレー社から出版した『Self-Help』は、1866年江戸幕府留学生取締役として英国に留学した中村正直が、1867年発行の増訂版をもって1871年西国立志篇』として邦訳し、日本で出版した。その思想は近代日本の形成に大きな影響を与えたと言われている。

2014年現在、Self-Helpは日本国内では一般に『自助論』として知られる。Self-Help序文中の格言「天は自らを助くる者を助く」(Heven helps those who help themselves.)は広く知られている。

著作[編集]

翻訳書[編集]

外部リンク[編集]