サフダル・アリー・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サフダル・アリー・ハーン
Safdar Ali Khan
カルナータカ太守
在位 1740年 - 1742年
戴冠 1740年11月16日
別号 ナワーブ
出生 生年不詳
死去 1742年10月13日
アルコット
子女 サアーダトゥッラー・ハーン2世
王朝 ナワーヤト朝
父親 ドースト・アリー・ハーン
宗教 イスラーム教
テンプレートを表示

サフダル・アリー・ハーン(Safdar Ali Khan, 生年不詳 - 1742年10月13日)は、南インドカルナータカ太守(在位:1740年 - 1742年)

生涯[編集]

1740年5月20日カルナータカ太守である父ドースト・アリー・ハーンはマラーター軍との戦い(ダーマルチェルヴの戦い)に敗れて死亡し、息子であるサフダル・アリー・ハーンはヴェールールへと逃げた[1]

しかし、サフダル・アリー・ハーンはカルナータカ太守の相続をめぐり、義理の兄弟チャンダー・サーヒブと対立することとなった。彼はマラーターラグージー・ボーンスレーの支持を得ることに成功し、同年11月16日に太守として即位した[1][2]

サフダル・アリー・ハーンはその治世、一連の混乱で不安定化した国家にあらゆる措置を取ったが、国を救うをことはできなかった。

1742年10月13日、サフダル・アリー・ハーンは義理の兄弟ムルタザー・アリー・ハーンに殺害された[2][3][4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』年表、p.38
  2. ^ a b 辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』、p.198
  3. ^ 辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』年表、p.40
  4. ^ Advanced Study in the History of Modern India 1707-1813 - Jaswant Lal Mehta - Google Books

参考文献[編集]

  • 辛島昇 『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』 山川出版社、2007年 

関連項目[編集]