グラーム・ムハンマド・ガウス・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラーム・ムハンマド・ガウス・ハーン
Ghulam Muhammad Ghause Khan
カルナータカ太守
Ghulam Muhammad Ghause Khan.jpg
グラーム・ムハンマド・ガウス・ハーン
在位 1825年 - 1855年
戴冠 1825年12月23日
別号 ナワーブ
出生 1824年8月25日
マドラス
死去 1855年10月7日
マドラス
埋葬 ティルチラーパッリ
王朝 アンワーリーヤ朝
父親 アーザム・ジャー
宗教 イスラーム教
テンプレートを表示

グラーム・ムハンマド・ガウス・ハーン(Ghulam Muhammad Ghause Khan, 1824年8月25日 - 1855年10月7日)は、南インドの(年金受給者としての)カルナータカ太守(在位:1825年 - 1855年)。

生涯[編集]

1825年11月12日、父であるカルナータカ太守アーザム・ジャーが死亡し、まだ幼い息子であるグラーム・ムハンマド・ガウス・ハーンが太守位を継承した[1]

1855年10月7日、グラーム・ムハンマド・ガウス・ハーンはマドラスで死亡した[1]。その死に際し、継承者である息子が存在しなかったため、「失権の原理」により給付されていた年金は廃止となった。

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]