サアーダトゥッラー・ハーン2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サアーダトゥッラー・ハーン2世
Sa'adatullah Khan II
カルナータカ太守
在位 1742年 - 1744年
戴冠 1743年3月
別号 ナワーブ
全名 ムハンマド・サイイド・サアーダトゥッラー・ハーン
出生 生年不詳
死去 1742年7月
アルコット
王朝 ナワーヤト朝
父親 サフダル・アリー・ハーン
宗教 イスラーム教
テンプレートを表示

サアーダトゥッラー・ハーン2世英語:Sa'adatullah Khan II, 生年不詳 - 1744年7月)は、南インドカルナータカ太守(在位:1742年 - 1744年)。ムハンマド・サイイド(Muhammad Sayyid)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1742年10月13日、カルナータカ太守サフダル・アリー・ハーンは従兄弟 ムルタザー・アリー・ハーンに殺害された。ムルタザー・アリー・ハーンは自身がカルナータカ太守であると宣言した[1]

しかし、その幼い息子であるサアーダトゥッラー・ハーンは難を逃れ、マドラスイギリス東インド会社の支持を得て、サアーダトゥッラー・ハーン2世として太守位を宣した。同時にデカン地方ニザーム王国も彼の正当性を支持し、カルナータカ地方政権の領土に歩兵20万と騎兵8万の軍を送った[2]

1743年3月、ニザーム軍は首都アルコットを占領し、ムルタザー・アリー・ハーンを退け、サアーダトゥッラー・ハーン2世を即位させた。彼は幼少であったので、ホージャ・アブドゥッラー・ハーンが後見役としてニザームに任命された[3]

ニザーム王国はカルナータカにおける権力を確立しようと、ティルチラーパッリマラーター勢力を包囲し、8月29日にこれを占領した(ティルチラーパッリ包囲戦[4][5]

1744年3月、サアーダトゥッラー・ハーン2世の後見役であったホージャ・アブドゥッラー・ハーンが暗殺され、同月28日アンワールッディーン・ハーンが新たな後見役となった[6][7]

そして、7月にサアーダトゥッラー・ハーン2世も暗殺され、アンワールッディーン・ハーンがニザームにより新太守に任命された[8]。こうして、カルナータカ太守はナワーヤト朝に代わり、アンワーリーヤ朝が世襲するところとなった。

これに激怒したのがナワーヤト家のチャンダー・サーヒブだった。彼はサアーダトゥッラー・ハーン2世の義理の叔父で、ドースト・アリー・ハーンの娘婿である自分こそが新太守にふさわしいと思っていた。これにより、ナワーヤト朝とアンワーリーヤ朝との対立が生じることとなり、第二次カーナティック戦争勃発の原因の一つとなった。

脚注[編集]

  1. ^ Advanced study in the history of modern India 1707-1813
  2. ^ Advanced study in the history of modern India 1707-1813
  3. ^ 辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』、p198
  4. ^ Advanced study in the history of modern India 1707-1813
  5. ^ Arcot 6
  6. ^ 辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』、p198
  7. ^ Arcot 6
  8. ^ 辛島『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』、p198

参考文献[編集]

  • 辛島昇編 『世界歴史大系 南アジア史3―南インド―』 山川出版社、2007年

関連項目[編集]