ゴールデンミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴールデンミラー
品種 サラブレッド
性別 せん
毛色 鹿毛
生誕 1927年
死没 1957年
ゴールドコート
ミラーズプライド
生国 アイルランド
生産 T K Geraghty
馬主 Philip W Carr
Hon Dorothy Paget
調教師 Basil Briscoe
競走成績
生涯成績 55戦29勝
テンプレートを表示

ゴールデンミラーGolden Miller1927年 - 1957年)は、アイルランドで生まれイギリス調教を受けた競走馬である。1930年代イギリスの障害競走で活躍した。

1932年から1936年にかけてチェルトナムゴールドカップを5連覇し、1934年には12ストーン2ポンド(約77.1キログラム)という重いハンデを背負いながらグランドナショナルまでもレコードで制した[1]。当時はゴールドカップはグランドナショナルの前哨戦と見られていたが、[2]同一年度にこの2つの競走に優勝したのは2007年現在ゴールデンミラーのみであり、両方に優勝したのもレスカルゴとゴールデンミラーだけである。またチェルトナムゴールドカップ5連覇も同レース史上最多記録である。グランドナショナルには1933年、そして1935年1937年にも挑戦しているが、すべて完走できずに終わった。

6連覇を賭けた1937年のチェルトナムゴールドカップは悪天候のため施行中止、1938年の同レースはモールスコードの2着に敗れている。1939年に引退。その後も大事にされ、30歳まで生きた。

脚注[編集]

  1. ^ 現在は12ストーン (76.2kg) が最大負担斤量となっている
  2. ^ 賞金にして10倍以上の開きがあった

外部リンク[編集]