コープ・ヒンメルブラウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BMWウェルト
ウィーンガスタンク
フローニンゲン美術館

コープ・ヒンメルブラウ(英称 COOP HIMMELB(L)AU)はヴォルフ・プリックス(Wolf Prix, 1942年-)、ヘルムート・シュヴィツィンスキー(Helmut Swiczinsky, 1944年-)、マイケル・ホルツァー(Michael Holzer)によって1968年にオーストリアのウィーンに設立された建築設計事務所。しかし、1971年にマイケル・ホルツァーが事務所を退所する。その後、1998年にカルフォルニア州ロサンゼルス、2000年にメキシコのグアダラハラに事務所を設立した。

ヴォルフ・プリックスは1942年にオーストリアウィーンに生まれ、ウィーン工科大学、アメリカの南カルフォルニア建築大学(SCI-Arc)、ロンドンの英国建築協会付属建築専門大学(通称AAスクール)で建築を、ヘムルート・シュヴィツィンスキーは1944年にポーランドポズナンに生まれ、ウィーン工科大学とAAスクールで建築を学んでいる。

名称のヒンメルブラウはドイツ語で「青い空」を意味し、「建築を雲のように浮遊し、変幻するものにする」という思想を持っている。実際にBMWウェルトなど、彼らの作品には「雲」をメタファーしたと思われるものが多く見られ、鋭角や鈍角という非直角や曲線などの不定形の形態を好んでを用いる。彼らは1988年のニューヨーク近代美術館フィリップ・ジョンソン監修のもと開催された『脱構築主義者の建築』にピーター・アイゼンマンザハ・ハディッドフランク・ゲーリーダニエル・リベスキンドらと共に取り上げられ、一躍有名となった。また自らも脱構築主義建築であることを認めている。

作品[編集]

作品名(場所、竣工年)

  • フローニンゲン美術館(フローニンゲン、オランダ、1994)
  • UFAシネマセンター(ドレスデン、ドイツ、1998)
  • ウィーンガスタンク(ウィーン、オーストリア、2001)
  • ミュンヘン美術院(ミュンヘン、ドイツ、2005)
  • アクロン美術館(オハイオ州、アメリカ、2006)
  • BMWウェルト(ミュンヘン、ドイツ、2006)
  • 時と知の博物館(リヨン、フランス、2007)
  • 欧州中央銀行(フランクフルト、ドイツ、建設中)
  • オールボーの音楽の家(デンマーク、建設中)

コープ・ヒンメルブラウ出身の建築家[編集]

外部リンク[編集]