コート・デュ・ルシヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェヌイェード地方でのワイン生産
Blanc de blanc de Caramany

コート・デュ・ルシヨンフランス語:Côtes du Roussillon)は、フランス南部ラングドック=ルシヨン地域圏ピレネー=ゾリアンタル県にあるワイン産地である。1977年にVDQSワインからAOCに昇格している。

区域は県のほぼ全域の118ヶ村に広がり、5,000haの畑から、年間2700万本のワインが生産されている。

赤ワインが68%、ロゼワインが28%、白が4%作られており、ぶどう品種はほかの南仏地域とほぼ同じシラーグルナッシュカリニャンなどで、3種以上の品種をブレンドして作られている。

大量生産されており、デイリーワインを主体とするショップを中心に、千円前後で売られている。南仏ワイン特有の力強さはあるが、総じて大味なものが多く、ほぼ価格相応で、普段飲むワインとしてはまずまずのものである。

この区域のうちで、比較的よいものを産する北部の32ヶ村で作られている赤ワインがコート・デュ・ルシヨン・ヴィラージュCôtes du Roussillon Villagesで、こちらは力強く、こくがあり、優れた味わいのものが多い。

関連項目[編集]