コンスタンス・ド・ノルマンディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンスタンス・ド・ノルマンディー

コンスタンス・ド・ノルマンディーConstance de Normandie、1057年から1061年の間出生 - 1090年8月13日[1])は、イングランドウィリアム征服王と王妃マティルダ・オブ・フランダースの娘[2]ブルターニュ公アラン4世の妃。

コンスタンスは征服王の娘たちのうち最も才能豊かであったといわれる。彼女はマティルダ王妃の気に入りの娘であり、1086年にアラン4世とカーンで結婚した[1]。コンスタンスは子どもがないまま、1090年に急死した。おそらく死因は毒殺であり、ルドンのサント・メラニー教会に埋葬された。1672年に彼女の墓が見つかり開かれた。当時彼女の遺体を包んでいたのであろう羊毛がいくらか残り、彼女の父親と夫の名前、命日が刻まれた墓碑銘のある鉛の十字架があった。

脚注[編集]

  1. ^ a b Constance de Normandie”. The Peerage. 2011年1月21日閲覧。
  2. ^ * Lives of the Princesses of England from the Norman Conquest by en:Mary Anne Everett Green, pages 23–33