コンカラー級戦列艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Conqueror wrecked.jpg
バハマ諸島のラム・ケイで座礁したコンカラー
概要
名前: Conqueror
運用:  イギリス海軍
就役期間: 1855 - 1925
完工: 2
損失: 1
仕様諸元
艦種: 戦列艦
総トン数 3224トン(ロングトン)
全長: 240 ft (73.2 m)
全幅: 55 ft 4 in (16.9 m)
耐圧深度: 24 ft 5 in (7.44 m)
機関: 帆走
2気筒(直径82インチ、ストローク4フィート)水平シングル膨張エンジン
1軸スクリュー
800 nhp
2,812 ihp
帆走: シップ
速力: 10.806ノット(蒸気推進時)
総員: 930
兵装:

101門

  • 下甲板:8インチ砲 x 36
  • 主甲板:32ポンド砲 x 36
  • 船尾甲板/船首楼:32ポンド砲 x 28、68ポンド砲 x 1

コンカラー級戦列艦(Conqueror-class ships of the line)は、イギリス海軍スクリュー推進101門1等戦列艦

設計[編集]

コンカラー級戦列艦は、1852年に2層・101門の1等戦列艦として設計されたが、当時は建造中の帆走戦列艦の多くがスクリュー推進を併用するように改造された時期であった[1]。コンカラー級の2隻も、コンカラー(HMS Conqueror)及びドネガル(HMS Donegal)もスクリュー推進として完成した[1]

艦歴[編集]

両艦ともに海峡艦隊に配属され、後にはクリミア戦争に参加している。また1861年のフランスのメキシコ出兵の際には、兵士の輸送に協力した。その途中、コンカラーはバハマ諸島のラム・ケイ(Rum Cay)でナンパした。機械類や搭載砲の多くは引き揚げられた。1860年代に入って、ウォーリアのような装甲艦が就役し始めると、それまでの戦列艦は時代遅れとなった。ドネガルは監視艦として現役を続け、その際南北戦争の最後の投降兵を保護している[2]。1886年に廃艦となり、ヴァーノン(Vernon)と改名され魚雷学校の一部として使われた[3]。1923年には施設が陸上に移り、1925年にドネガルは解体された[3]

同型艦[編集]

造船所:デヴォンポート海軍工廠
発注:1852年11月16日
起工:1853年7月25日
進水:1855年5月2日
竣工:1856年4月9日
その後:1861年12月13日、ラム・ケイで座礁[1]
造船所:デヴォンポート海軍工廠
発注:1854年12月27日
起工:1855年9月27日
進水:1858年9月22日
竣工:1859年8月27日
その後:1886年1月14日、ヴァーモンと改名。1925年5月18日、解体のため売却[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Lyon & Winfield. The Sail and Steam Navy List. pp. 10–11. 
  2. ^ Loney. “mid-Victorian RN vessels - Donegal”. 2012年3月17日閲覧。
  3. ^ a b Colledge. Ships of the Royal Navy. p. 100. 

参考資料[編集]

外部リンク[編集]