コリン・ヘイ (政治学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コリン・ヘイ(Colin Hay、1968年-)は、イギリス政治学者シェフィールド大学政治学部教授。ケンブリッジ大学クレア・カレッジで社会学政治学を学んだあと、ランカスター大学大学院に移り、ボブ・ジェソップの下で博士号を取得した[1]。その後、バーミンガム大学で教鞭をとり、2002年から2005年まで政治学部の学部長を務めた。そして2007年にシェフィールド大学に移った[1]

ヘイは、2007年に刊行されたもっとも優れた政治学の著書に与えられる、イギリス政治学会の2008年度W・J・M・マッケンジー賞を受賞した[2]

著書[編集]

  • Why we hate politics, Polity, 2007.
『政治はなぜ嫌われるのか――民主主義の取り戻し方』、吉田徹訳、岩波書店、2012年
  • Political analysis, Palgrave, 2002.
  • The political economy of new labour: labouring under false pretences?, Manchester University Press, 1999.
  • Re-stating social and political change Open University Press, 1996.

共著・編著[編集]

  • The role of ideas in political analysis: a portrait of contemporary debates, edited by Andreas Gofas and Colin Hay, Routledge, 2010.
  • European politics, edited by Colin Hay and Anand Menon, Oxford University Press, 2007.
  • The state: theories and issues, edited by Colin Hay, Michael Lister and David Marsh, Palgrave Macmillan, 2006.
  • British politics today, edited by Colin Hay, Polity, 2002.
  • Demystifying globalization, edited by Colin Hay and David Marsh, Macmillan, 2000.
  • Theorising modernity: reflexivity, environment and identity in Gidden s' social theory, edited by Martin O'Brien, Sue Penna and Colin Hay, Longman, 1999.

[編集]

  1. ^ a b Colin Hay”. University of Sheffield. 2008年10月11日閲覧。
  2. ^ Political Studies Association Awards 2008”. Political Studies Association (2008年11月25日). 2009年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]