コカビエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コカビエル(Kokabiel)は旧約聖書偽典『エノク書1』にあらわれる天使の一人だが、堕天使となりグリゴリと呼ばれる一団に属する。シェミハザら200人の天使と人間の女性と交わる誓いを立てた(6章)。コカビエルは人間に天体の兆(しるし)を教えたという(8:3)。69章では堕天使のリストの四番目にあげられている。

参考文献[編集]

  • 村岡崇光訳、『聖書外典偽典4 旧約偽典II』、教文館、1975年
  • 真野隆也『天使』 新紀元社、1995年、131頁。
執筆の途中です この項目「コカビエル」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。