ゲンナジー・オニシチェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2008年G8サミットにおけるゲンナジー・オニシチェンコ(右)とアレクサンドル・ヤコヴェンコ外務次官(当時)

ゲンナジー・グリゴリエヴィチ・オニシチェンコロシア語: Геннадий Григорьевич Онищенко、ラテン文字転写の例:Gennadiy Grigoryevich Onishchenko1950年10月21日 - )は、ロシア政治家官僚2004年からロシア連邦消費者権利保護・福祉分野監督庁長官。ロシア医学アカデミーおよび同幹部会員大使。全ロシア公共組織「国民健康連盟」幹部会員[1]医学博士2006年のグルジア、モルドバワイン輸入停止では実務者として主要な役割を果たした。

2009年6月24日、南オセチアの名誉市民権を授与された[2] 。私生活では夫人との間に二男一女がいる。

脚注[編集]

  1. ^ >(ロシア語) Президиум организации ≪Лига здоровья нации≫”. ロシア医学アカデミー幹部会. 2013年5月13日閲覧。
  2. ^ Онищенко стал гражданином Южной Осетии | РИА Новости”. Rian.ru (2009年6月24日). 2013年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]