ゲネ・グッチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲネ・グッチェGene Gutchë , 1907年7月3日 - 2000年11月15日)は、ドイツ出身のアメリカ合衆国作曲家。本名はロメオ・マクシミリアン・オイゲネ・ルートヴィヒ・グッチェ

ベルリン出身。経済学経営学の学士号を取得したが、同時にフェルッチョ・ブゾーニピアノを師事していた。1925年にアメリカに移住し、農村で働いた。1950年代にミネソタ大学アイオワ大学で音楽を学び、その後ミネアポリスに居を構えた。作品は新ロマン主義を基調としているが、多調十二音技法微分音も取り入れている。

作品[編集]

管弦楽曲[編集]

  • 交響曲第1番
  • 交響曲第2番(1951年)
  • 交響曲第3番
  • ロンド・カプリチオーソ
  • 舞踏組曲
  • ラプソディ
  • コンチェルティーノ(1956年)
  • 交響曲第4番(1960年)
  • 交響曲第5番(1962年)
  • ボンゴ・ディヴェルティメント(1965年、1993年改訂)
  • テノチティトランの祭典
  • 香妃(1965年)
  • 古典協奏曲(1967年)
  • 交響曲第6番(1970年)
  • イカルス(1975年)

協奏曲[編集]

  • ホルンと弦楽オーケストラのためのカンティレーナ(1950年)
  • ピアノ協奏曲
  • ヴァイオリン協奏曲(1962年)
  • ティンパニ・コンチェルタンテ(1963年)

室内楽曲[編集]

  • 弦楽四重奏曲第1番(1949年)
  • 弦楽四重奏曲第3番(1951年)
  • ヴィオラとピアノのためのインターリュード(1956年)
  • 弦楽四重奏曲第4番(1960年、1982年改訂)

ピアノ曲[編集]

  • フーガハ短調(1948年)
  • 主題と変奏(1949年)
  • ソナタ(1963年)

参考文献[編集]

  • Don Randel. The Harvard Biographical Dictionary of Music. Harvard, 1996, p. 341.

外部リンク[編集]