ゲオルク・ハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲオルク・ハイム

ゲオルク・ハイム(Georg Heym、1887年10月30日 - 1912年1月16日)は、ドイツの詩人。ニーダーシュレージエンのヒルシュベルク(現在のポーランド領イェレニャ・グラ)に生まれる。ノイルピーンのギムナジウムを卒業後、ヴュルツブルクの大学で法学を学ぶ。同時に詩作、劇作に手を染め、司法官試補になったもののすぐ勤めを辞めて文学活動に専念。1905年から1910年までは劇作に集中し、三篇の完成稿と多数の断片を残している。1910年にはクルト・ヒラー英語版を中心とするベルリンの前衛的な芸術家集団「ノイエ・クラブ」のメンバーとなり、以後2年間は詩、散文を旺盛に執筆したが、1912年にベルリン近郊の川でスケート中に事故死した。初期の作風はロマン主義ないし印象派の影響が濃いが、その後都会の病苦や孤独を幻視的に描き出す作風を確立し、初期表現主義の代表的な詩人と目される。

参考文献[編集]

  • 川村二郎他訳 『ドイツ短編24』 集英社、1971年