ゲオルク・クリスティアン・フランツ・フォン・ロプコヴィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲオルク・クリスティアン・フォン・ロプコヴィッツ侯爵

ゲオルク・クリスティアン・フランツ・フォン・ロプコヴィッツ:Georg Christian Franz Fürst von Lobkowitz, 1835年5月14日 ウィーン - 1908年12月22日 プラハ)は、オーストリア=ハンガリー(二重帝国)ボヘミア系貴族、政治家。侯爵。

アウグスト・フォン・ロプコヴィッツ侯爵(August Fürst von Lobkowicz, 1797年 - 1848年)とその妻で兄系シュヴァルツェンベルク侯ヨーゼフ2世の娘であるベルタの間の次男として生まれた。ヨハン・ゲオルク・クリスティアン・フォン・ロプコヴィッツ元帥の玄孫にあたる。1864年5月22日にウィーンにおいて、リヒテンシュタインアロイス2世の娘アンナ(1846年 - 1924年)と結婚し、間に12人の子女をもうけた。1903年に金羊毛騎士団の騎士となった。

学業を終えたのち官僚となるが、内務大臣アントン・フォン・シュマーリング英語版の中央集権政策に反対して退官し、故郷に帰って広大な所領の経営に専念した。1860年代以降、帝国の政治的諸問題に関心を向けるようになり、保守派のボヘミア大貴族の利益を守ろうと努めた。1871年以降、オーストリア・ボヘミア和協ドイツ語版構想を推進する動きに同調した。

ボヘミア州議会ドイツ語版の議員(在職1865年 - 1872年、1883年 - 1907年)を長く務め、2度にわたって州議会議長(在任1871年 - 1872年、1883年 - 1907年)の座を占めた。1883年以降はオーストリア貴族院ドイツ語版の世襲議員席を与えられた。

参考文献[編集]