グロヅカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グロヅカ
監督 西山洋市
脚本 村田青
出演者 森下千里
三津谷葉子
黒澤友子
伊藤裕子
音楽 村山竜二
撮影 寺沼範雄
編集 福田浩平
公開 日本の旗 2005年10月22日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 ナイチンゲーロ
テンプレートを表示

グロヅカ』は2005年に製作された日本のホラー映画である。「おんなだらけのこわいはなし」第1弾として製作された。

ストーリー[編集]

とある女子大の映画研究部員、アイとマキは、かつて映研が製作した映画「グロヅカ」を発見する。 7年前、この作品の撮影中に起きた事件によって映研は休部となった。 二人は映研の復活第1作として、この「グロヅカ」をリメイクしようとする。

演劇研究部員のナツキと、そのパシリであるユウカとヤヨイ。 さらにマキの姉のヨーコと、その友人で引きこもりのタカコを加え、7人は山奥にある女子大の寮へと向かう。

その夜、映研の二人はナツキたちに「グロヅカ」を見せ、コンセプトの説明をしようとするが、ナツキはホラー映画だとして反発。 さらに翌朝、食料が紛失していることが分かり、映研の二人による嫌がらせと考えたナツキは態度を硬化させる。

ナツキは勝手に行動しだし、自分の女優オーディション用のビデオをユウカとヤヨイに撮影させる。 だが、二人が目を離した隙に、ナツキは行方不明になる。 一方、アイとマキはとりあえず自分たちで出来る撮影を始め、かつての「グロヅカ」の撮影場所などを辿る。 その夜、食料の紛失により野草とキノコで夕食の準備をするが、ユウカとタカコがキノコによる中毒で倒れる。

翌朝、ナツキたちが前日撮影したビデオを見ていたアイは、ナツキが泥眼の能面をかけた人物に襲われるシーンが映っているのを見つける。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]