グラーヴ・ド・ヴェール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グラーヴ・ド・ヴェール(Graves de vayres)は、フランス南西部、アキテーヌ地域圏ジロンド県のほぼ中央部にあるボルドーワインの産地で、1937年にフランスのワイン法により、AOCの認証を受けている。

地理[編集]

ガロンヌ川ドルドーニュ川に挟まれた中州地区、いわゆるアントル・ドゥー・メール地区の北側、ドルドーニュ川の左岸地域にある、ヴェール、アルヴェール2ヶ村の700haが指定されている。

ボルドー地方には、グラーヴというワイン産地があるが、グラーヴはガロンヌ川の左岸になり、グラーヴ・ド・ヴェール地区とはかなり離れていて、ワインの性質もかなり違っている。

ワイン[編集]

グラーヴとは「砂利」の意味で、このあたりは砂利や砂が混じった水はけのいい畑が多い。赤ワインと白ワインを生産しているが、、赤ワインは軽めで、白ワインも軽いさっぱりした辛口のものが多い。

ボルドーワインとしてさほど優れたものではないため、地元のアキテーヌ地方で消費されることが多く、日本では、ワインの通販店やディスカウント酒店、ネットショップなどのデイリーワインを扱う店にたまに出回る程度である。

関連項目[編集]