クローズアップ (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クローズアップ(英語:close-up, close up)

語義[編集]

  • 対象物を画面いっぱいに撮影する撮影技法である。詳細はクローズアップを参照。
  • 上記から転じて、ある事柄や問題などが注目されること。またある事柄や問題、人物などに焦点を当てたり、主に取り上げたりする場合にも使用される。似た意味を成す言葉に「スポットライト(スポット)を当てる」がある。
  • 「close」は「閉じる」の意味の動詞「クローズ」ではなく、「近い」の意味の形容詞「クロース」であるが、日本語の外来語としては「クローズ(・)アップ」が定着している[1]。ただし、ごく近い距離で披露する手品については、「クロースアップ・マジック」という。

作品名[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「クローズアップ」の発音”. グラフィックデザイナーのための英語講座 (2013年7月13日). 2014年11月21日閲覧。