クリサンセマム・ムルチコーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリサンセマム・ムルチコーレ
Coleostephus February 2008-2.jpg
クリサンセマム・ムルチコーレ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: コレオステフス属 Coleostephus
: クリサンセマム・ムルチコーレ C. myconis
学名
Coleostephus myconis
シノニム

Chrysanthemum multicaule

和名
クリサンセマム・ムルチコーレ

クリサンセマム・ムルチコーレ学名Coleostephus myconis)は、キク科の園芸植物(花卉)である。名称はシノニムであるChrysanthemum multicauleから。

特徴[編集]

アルジェリアを原産地とする耐寒性または半耐寒性の一年草。草丈20cmくらいで、茎はムルチコーレ(たくさん分枝する)の名の通り、根元からよく分枝して匍匐して広がる。花は通常3月から5月ころまで開花し、直径2cmくらいの鮮やかな黄色の頭状花である。

1962年5月に、坂田種苗(現・サカタのタネ)が同社の通信販売用カタログである「園芸通信」で発表し、花壇用・プランター用の草花としてポピュラーなものになった。

コレオステフス属[編集]

コレオステフス属は、ヨーロッパ西部と対岸のアルジェリア付近に2種あるだけの小さな属である。の学名は「さやのような王冠」を意味し、冠毛の形に由来するという。

栽培[編集]

こぼれ種で増えることもある比較的丈夫な草花だが、市販品のタネは、1袋に、上手に発芽させても20本くらいしか出ないくらいのタネしか入っていないため、浅鉢に消毒済みの培養土を入れ、丁寧にタネをまき、タネが隠れる程度の覆土をして、鉢底から吸水させる方がよい蒔き時は秋の彼岸ころがよい。適当な大きさになったら、花壇に20〜30cmの株間で定植する。半日以上日が当たり、特に水はけの良いところを好む。

利用法[編集]

花壇に植えたり、プランターに植えて楽しむ。特に白花のノースポールとは、一緒に植えると黄色と白のコントラストが良く、相性がよい。