クリエーション (2009年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリエーション
Creation
監督 ジョン・アミエル
脚本 ジョン・コリー
製作 ジェレミー・トーマス
出演者 ポール・ベタニー
ジェニファー・コネリー
マーサ・ウェスト
トビー・ジョーンズ
ベネディクト・カンバーバッチ
音楽 クリストファー・ヤング
撮影 ジェス・ホール
編集 メラニー・オリヴァー
公開 イギリスの旗 2009年9月25日
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

クリエーション』(Creation)とはチャールズ・ダーウィンの生涯を描いた映画アメリカ合衆国では複数の配給会社が国内に進化論に対する宗教的な反発感があることを理由に配給を拒否したため、公開が延期された[1]

ダーウィン夫妻を、実生活でも夫婦であるポール・ベタニージェニファー・コネリーが演じている。

ストーリー[編集]

脚本の元になったのはランダル・ケインズが書いたダーウィンの伝記Annie's Box。愛娘アニーの死に直面したダーウィンが、『種の起源』を執筆しながら信仰と科学の間で葛藤する様を描く。

キャスト[編集]

関連書籍[編集]

  • 『ダーウィンと家族の絆 長女アニーとその早すぎる死が進化論を生んだ』白日社、2003年、ISBN 978-4891731106

Annie's Boxの日本語訳。翻訳者は渡辺政隆と松下展子。原著者ランダル・ケインズはダーウィンの曾曾孫にあたる。

参照[編集]

  1. ^ ダーウィン映画、米で上映見送り=根強い進化論への批判

外部リンク[編集]