ギュスターヴ・モロー美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg ギュスターヴ・モロー美術館
Paris Musee Gustave-Moreau 5.jpg
美術館内部
施設情報
正式名称 Musée national Gustave-Moreau
開館 1903年
所在地
14, rue de La Rochefoucauld 75009 Paris
位置 北緯48度51分41秒 東経2度20分04秒 / 北緯48.86139度 東経2.33444度 / 48.86139; 2.33444
ウェブサイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ギュスターヴ・モロー美術館(Musée national Gustave-Moreau)は、パリにある美術館である。画家ギュスターヴ・モローが1852年から暮らした邸宅が美術館として公開されている。

沿革[編集]

1852年、ギュスターヴ・モローはパリ9区ラ・ロッシュフーコー街にある邸宅に移り住み、そこを自宅兼アトリエとした。モローは亡くなる前からこの邸宅を自身の作品の展示場にすることを考えており、展示室も作っていた。モローの死後、邸宅はコレクションと共に国に遺贈され、1903年に美術館として開館した。

コレクション[編集]

モローの油彩画水彩画だけでなくデッサンも閲覧出来るようになっている。その作品数は14000点以上とも言われる。

外部リンク[編集]