キリストの昇天 (メシアン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キリストの昇天』(キリストのしょうてん、L'Ascension )は、オリヴィエ・メシアンが作曲した管弦楽曲。メシアンの作品の中でも有名なものの一つである。「4つの交響的瞑想」(Quatre Méditations symphoniques )というサブタイトルを持つ。

概要[編集]

1932年の5月にフランスパリで作曲され、同年の7月にヌーサルジュで完成をみたが、翌年の1933年の5月から7月にかけてモナコオーケストレーションが行なわれた。1935年にパリでローベル・ショアン指揮、コンセール・ショアンの演奏で初演が行なわれた。またアメリカでの演奏会では華々しい成功を収めたという。

作品はまもなく1934年オルガン曲として編曲されたが、オルガンのための「昇天」では、第3楽章のみ新たな曲に差し替えられた。新たな楽章のタイトルは「キリストの栄光を自らのものとした魂の歓喜の高まり」。

メシアンの初期の管弦楽作品の中で比較的演奏されることが多い(同じように1930年に作曲された「忘れられた捧げもの」も同じケースである)。後にスコアはルデュック社から出版された。

構成[編集]

全4楽章からなり、演奏時間は約32分。

第1楽章 自らの栄光を父なる神に求めるキリストの威厳
ホ長調、8分の12拍子。「とてもゆっくりと威厳をもって」と指定されている。またメシアンが考案した「移調の限られた旋法(略称はM.T.L.)」では第2番と第3番が用いられている。
第2楽章 天国を希求する魂の清らかなアレルヤ
ヘ長調、4分の3拍子。「適度の速さで明晰に」と指定されており、「移調の限られた旋法」第3番と第7番、そしてグレゴリオ聖歌が用いられている。
第3楽章 トランペットとシンバルによるアレルヤ
イ長調、8分の3拍子。「速く、喜ばしく」と指定されている。
第4楽章 父のみもとへ帰るキリストの祈り
ト長調、8分の4拍子。「きわめてゆっくりと、情感を込めて荘厳に」と指定されており、「移調の限られた旋法」第7番が用いられている。