キャサリン・ヘイルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャサリン・ヘイルズ

キャサリン・ヘイルズN.Katherine Hayles, 1943年12月16日 - )は、アメリカ文学者評論家である。専門はアメリカ文学、文学と科学。文学研究を専門としながらも、メディア科学技術の現状について問題提起を行っている。現在デューク大学文学部教授。

略歴[編集]

カリフォルニア大学ロサンゼルス校デザイン・メディアアートおよび英文学部教授などを経て現在、デューク大学文学部教授。

主要な著作[編集]

  • Electronic Literature: New Horizons for the Literary, 2008
  • My Mother Was a Computer: Digital Subjects and Literary Texts, 2005
  • Nanoculture: Implications of the New Technoscience (ed.), 2004
  • Writing Machines, 2002
  • How We Became Posthuman: Virtual Bodies in Cybernetics, Literature and Informatics, 1999
  • Technocriticism and Hypernarrative. A special issue of Modern Fiction Studies 43, no. 3, Fall 1997 (guest editor)
  • Chaos and Order:Complex Dynamics in Literature and Science. (ed.), 1991
  • Chaos Bound: Orderly Disorder in Contemporary Literature and Science, 1990
  • The Cosmic Web: Scientific Field Models and Literary Strategies in the Twentieth Century, 1984

関連項目[編集]

外部リンク[編集]