キバナイカリソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キバナイカリソウ
Epimedium koreanum 1.JPG
福島県会津地方 2009年4月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: キンポウゲ目 Ranunculales
: メギ科 Berberidaceae
: イカリソウ属 Epimedium
: キバナイカリソウ
E. koreanum
学名
Epimedium koreanum Nakai
和名
キバナイカリソウ(黄花錨草)

キバナイカリソウ(黄花錨草、学名:Epimedium koreanum )は、メギ科イカリソウ属多年草

特徴[編集]

高さは30-60cm。は、3枚の小葉が2回、計9枚つく2回3出複葉である。小葉の形は卵形~狭卵形で先端はとがり、縁は刺状の毛がある。花期は4-5月で、葉の下側に淡黄色の4枚の花弁が距を突出し錨のような特異な形をしたを咲かせる。花弁の長さは7-8mm、距の長さは20-24mmになる。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、近畿以北の日本海側に、アジアでは朝鮮半島に分布し、山地の林床、林縁に生える。

近縁種[編集]

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本 II 離弁花類』、1982年、平凡社