ガウス関数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガウス関数の例

ガウス関数(ガウスかんすう、Gaussian function)は、

a \exp \left\{ -\frac{(x - b)^2}{2c^2} \right\}

の形の初等関数である。なお、2c2 のかわりに c2 とするなど、表し方にはいくつかの変種がある。

ガウシアン関数、あるいは単にガウシアンとも呼ばれる。

図のような釣鐘型の関数である。

特徴[編集]

正規分布関数(正規分布の確率密度関数)として知られる

\frac{1}{\sqrt{2\pi}\sigma} \exp \left\{ -\frac{(x-\mu)^2}{2\sigma^2} \right\}

は、ガウス関数の1種である。

ガウス関数の1つ exp (-x2) の両側無限積分ガウス積分と呼ばれ、

\int_{-\infty}^\infty \exp ( {-x^2} ) dx = \sqrt{\pi}

である。

ガウス関数の半値半幅 (HWHM) と半値全幅 (FWHM) は、

{\rm HWHM} = \sqrt{2 \ln 2}\cdot \sigma
{\rm FWHM} = 2 \sqrt{2 \ln 2}\cdot \sigma

である。

光学分野においては、超短パルスの波形をガウス関数に近似することが多い。

関連項目[編集]