カーウェオール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーウェオール
識別情報
CAS登録番号 6894-43-5
PubChem 114778
ChemSpider 102755 チェック
特性
化学式 C20H26O3
モル質量 314.42 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

カーウェオール (Kahweol) は、アラビカコーヒーノキの豆に含まれるジテルペンである。カフェストールと構造的に類似している。

近年の研究で、カーウェオールが破骨細胞細胞分化を阻害し、骨に対して有益な効果を持つことが示唆された[1]。別の研究では、カーウェオールが抗炎症、抗血管形成効果を持つことが確認され、未濾過のコーヒーの摂取とがんリスクの低下の間の疫学的な関係が説明された[2]

出典[編集]

  1. ^ Fumimoto R, Sakai E, Yamaguchi Y, Sakamoto H, Fukuma Y, Nishishita K, Okamoto K, Tsukuba T (Mar 2012). “The Coffee Diterpene Kahweol Prevents Osteoclastogenesis via Impairment of NFATc1 Expression and Blocking of Erk Phosphorylation.”. J Pharmacol Sci 23. doi:10.1254/jphs.11212FP. PMID 22447306. 
  2. ^ Cárdenas C, Quesada AR, Medina MA (Aug 2011). “Anti-angiogenic and anti-inflammatory properties of kahweol, a coffee diterpene.”. PLoS One 6. doi:10.1371/annotation/38262cc6-07cc-4074-8ce7-2181d4d0fbdc. PMID 21858104.