カルロ・ゴッツィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロ・ゴッツィ

カルロ・ゴッツィCarlo, Count Gozzi1720年12月23日 - 1806年4月4日)は、イタリアヴェネツィア出身のコンメディア・デッラルテ劇作家。おとぎ話を題材とした「寓話劇」シリーズを生んだ。没落貴族で伝統主義的な人物であった彼は同時期の写実的風俗劇を生み出したゴルドーニ等の作家を批判する文章を多く残した。

代表作は『三つのオレンジへの恋』、『トゥーランドット』。

のちに『三つのオレンジへの恋』はプロコフィエフ、『トゥーランドット』はウェーバーブゾーニプッチーニによって劇音楽やオペラ化された。

『蛇女』は、ヴァーグナーのオペラ『妖精』の原作となっている。