カミヤツデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カミヤツデ
Tetrapanax papyrifer1.jpg
カミヤツデ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: セリ目 Apiales
: ウコギ科 Araliaceae
: カミヤツデ属 Tetrapanax (K.Koch) K.Koch
: カミヤツデ T. papyriferus
学名
Tetrapanax papyriferus (Hook.) K.Koch
和名
カミヤツデ(紙八手)
英名
rice-paper plant

カミヤツデ(紙八手、学名:Tetrapanax papyriferus)とはウコギ科の常緑低木樹。別名、ツウソウ(通草)、 ツウダツボク(通脱木) 。カミヤツデ属唯一の現生種である。

特徴[編集]

中国、台湾原産の常緑低木である。日本では植栽すると落葉することが多いが、暖地では常緑で生育し、野生化しているところもある。葉はヤツデと同様に大柄な掌状深裂の形だが、葉質は遙かに薄く、つやがない。

花期は11~12月頃で、普通のヤツデと同様に淡黄白色の丸い小花の塊があり、その塊の集団が円錐形になる(球状の散形花序を円錐状につける)。葉は70cmくらいと大型である。

また茎の髄から通草紙(つうそうし)という造花や書画で使う紙の一種をつくり、これが「紙八手」という名前の由来となっている。