カトリーヌ・ドモンジョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Catherine Demongeot
カトリーヌ・ドモンジョ
生年月日 1948年7月10日(66歳)
出生地 フランスの旗 フランス パリ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 子役女優
ジャンル 映画
活動期間 1960年 - 1967年
活動内容 1960年 映画デビュー
主な作品
地下鉄のザジ』 - 主演

カトリーヌ・ドモンジョCatherine Demongeot1948年7月10日 - )は、フランスの元子役女優である。

人物・来歴[編集]

1948年(昭和23年)7月10日、フランスの首都パリに生まれる。

1960年(昭和35年)、レイモン・クノー原作、ルイ・マル監督の『地下鉄のザジ』の主人公ザジ役に抜擢されてデビュー、同作は大ヒットし、ドモンジョはいきなりスターになる。翌1961年(昭和36年)には、ジャン=リュック・ゴダール監督の映画『女は女である』にザジ役のまま出演した。その後、19歳になる1967年(昭和42年)までに2本に出演し、引退した。

引退の39年後、2006年(平成18年)に、ルイ・マル監督の弟で映画プロデューサーのヴァンサン・マルが、イギリスでの『地下鉄のザジ』のDVDリリース(オプティマム・リリーシング社、親会社はヴィヴェンディ)に際してのインタヴューによれば、それ以上の映画出演はしなかったし、のちに歴史家になったとのことである[1]

フィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ The Louis Malle Collection - Vol. 1, DVD, Optimum Releasing, 26 Jun 2006.

外部リンク[編集]