カッシーナの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カッシーナの戦い

カッシーナの戦い(カッシーナのたたかい、イタリア語Battaglia di Cascina)は、14世紀半ばのイタリアにて、フィレンツェ共和国軍とピサ共和国en. cf. ピサ)軍の間で行われた戦いである[1]

概要[編集]

1364年、司令官の病気と続く暑さのため、カッシーナで休憩中のフィレンツェ共和国軍をピサ共和国軍が攻撃[1]。結果、フィレンツェ側が勝利した[1]

創作作品[編集]

絵画

この戦いの様子を描いた芸術作品としては、フィレンツェ共和国のピエロ・ソデリーニミケランジェロに描かせたヴェッキオ宮殿壁画『カッシーナの戦い』が世に広く知られているが、現物は今日に伝わっていない。

脚注・出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

執筆の途中です この「カッシーナの戦い」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア