カタヴィ国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カタヴィ国立公園タンザニア西部のルクワ州にある国立公園。4,471平方キロメートルの敷地面積はタンザニアの国立公園として3番目に広い。

概要[編集]

タンザニーカ湖の東側、ルクワ湖に至る地溝帯内に位置する。乾湿の差が激しことが特徴。訪問者(観光客)は、後述する道路事情や動物生態を観察する目的から乾期に集中する。

野生動物[編集]

大型獣としてアフリカスイギュウアフリカゾウ、カトゥマ川のカバで注目される。乾期には、公園内の河川が急速に干上がるため、動物が水を求めて大移動を起こす。このことで一時的に動物の生息密度が高くなり、一度に多くの種が観察できる機会が生まれることで知られる[1]

アクセス[編集]

交通の便は、極端に悪い。近隣の町は、ムベヤまたはキゴマであるが、いずれも300-500km以上の距離があるため、自動車を用いて1日で到達することは困難。雨期は、道路が泥濘状態もしくは水没するため、確実に到達できる保証はない。

出典[編集]

  1. ^ カタヴィ国立公園(タンザニアオフィシャル観光案内ウェブサイト)2012年1月21日閲覧

外部リンク[編集]

座標: 南緯6度50分 東経31度15分 / 南緯6.833度 東経31.250度 / -6.833; 31.250