カウストゥバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カウストゥバKaustubha)は、ヒンドゥー教の主神ヴィシュヌが身につけているとされる宝石スヤマンタカがヴィシュヌの手首を飾るのに対し、カウストゥバは胸を飾る。

乳海攪拌のとき、アムリタが生まれる過程で誕生したとされ、ヴィシュヌの胸にかけられたという。