オルコックアラビアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オルコックアラビアン
Alcock arabian.jpg
品種 アラブ種
性別
毛色 芦毛
生誕 1700年ごろ?
死没 不明
不明
不明
生国 オスマン帝国の国旗 オスマン帝国?
生産 不明
馬主 ロバート・サットン
→オルコック氏
→第2代アンカスター公
競走成績
生涯成績 不出走
テンプレートを表示

オルコックアラビアンAlcock Arabian)とは、サラブレッドの始祖の一頭である。父系子孫としてダービー[1]を出すなど三大始祖以外では最も有力な父系の一つを形成した。芦毛の始祖としても知られる。[2]。なお、ペラムズグレイアラブ(Pelham's Grey Arab)など別名とされるものが複数存在する[3]

オルコックアラビアンが登場するのは、ジェネラルスタッドブック第1巻第4部。ここには三大始祖を含む102頭の輸入種牡馬群が記載されている。通説ではこの馬は、1700年代にロバート・サットンによってコンスタンティノープルから輸入された純血アラブとする。また、実はイギリス生まれで、カーウェンズベイバルブ(Curwen's Bay Barb)の産駒であるとの説も根強い。ともかく1720年代リンカンシャー州で供用されていた事が記録に残っている。1722年にはバストメア(Basto mare)との間にクラブ(Crab)を産み、1728年には産駒の勝ち数がイギリス最多を記録した。プライアーのメモには、1723年に死亡したと書かれているが、1726年生まれの仔の存在する事と矛盾しており、死亡日は不明である。

インドハイデラバード州では、本馬を記念するオルコックバルブステークス(IND-G3)が行われている[4]。また、セガメダルゲームSTARHORSEシリーズに逃げ馬として登場する。

サイアーライン[編集]

  • 比較的重要と思われる馬のみ。(f)は牝馬
Alcock Arabian 1700,3,4頃生?、1709イギリス輸入?
|Alcock's Spot 1722
|Gentleman 1723
Crab 1722
 |Blossom(f) 不明、現在に芦毛を継承
 |Crab Mare(f) 1750、現在に芦毛を継承
 |Rib 1736
 |Bustard 1741
 ||Gamahoe
 | |Cromaboo 1774
 | |Lennox 1776
 |Othello 1743
 ||Creeping Polly(f) 1756、キングファーガスの母
 |Oroonoko 1745
 ||Quick's Brunswick 1759
 | |Skipwith's Conway's 1772
 |  |Cassius 1778
 |Othelo 1746
 |Shepherd's Crab 1747
 ||Lath 1763
 | |Tippoo Saib 1780
 |Brilliant 1750
 ||Bellario 1763
 |Spectator 1749
  |Sister to Juno(f) 1763、ダイオメドの母
  |Mark Anthony 1767
   |Aimwell 1782、Epsom Derby
   |Mark Anthony Mare IV(f) 1788-1808?

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1785年の英ダービー馬エイムウェル
  2. ^ ただし、芦毛馬の祖先を遡っていくと、両親共に両親共に芦毛馬の箇所が3箇所あるため、ブラウンローターク(Brownlow Turk)及びフェアファックスモロッコバルブ(Fairfax Morocco Barb)にも芦毛の始祖の可能性がある。ブラウンロータークをオルコックアラビアンの別名としても、オルコックアラビアンが遺伝上芦毛の始祖である確率は計算上87.5%にしかならない(ブラウンロータークの12.5%を含む)。
  3. ^ ウェントワース夫人は、Pelham's Grey Arabian、Acaster Turk、Ancaster Arabian、Holderness Turk、Sutton Arabian、Honeywood Arabian、Brownlow Turkなどは、全てオルコックアラビアンの別名と説明している。
  4. ^ ゴドルフィンバルブステークス、ダーレイアラビアンステークス、バイアリータークステークスもある。