オドン・アロンソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オドン・アロンソ・オルダスOdón Alonso Ordás, 1925年2月28日 - 2011年2月21日)は、スペイン指揮者作曲家[1]

略歴[編集]

カスティーリャ地方のレオン県ラ・バニェサの出身。

マドリード音楽院を経てシエナ音楽院やザルツブルクモーツァルテウム音楽院ウィーン音楽院などに遊学し、ピアノ作曲指揮法を修めた。 1950年に帰国してから、スペイン国立放送の室内合唱団の指揮を任され、1952年から1956年までスペイン国立放送管弦楽団の首席指揮者となった。 1960年にはマドリード・フィルハーモニー管弦楽団の設立に参加したが、1968年にはこのオーケストラがスペイン放送交響楽団と合流したため、エンリケ・ガルシア・アセンシオと共に、スペイン放送交響楽団の指揮者を務めることになった。 1984年にこの地位を辞した後、1986年からプエルト・リコ交響楽団の首席指揮者に就任し、1994年までこの任に当たった。また、1995年からは、スペイン南部のマラガ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任し、1999年まで務めた。その後2011年2月21日マドリードで没した。

脚注[編集]

  1. ^ インターネット・ムービー・データベース