オタ・パヴェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オタ・パヴェルOta Pavel 本名 Otto Popper 1930年7月2日 プラハ - 1973年3月31日 プラハ)は、チェコの作家、ジャーナリスト、スポーツ・ライター。

ユダヤ系の商人レオ・ポッパーの家庭に生まれる。第二次世界大戦中、父と兄はナチスの強制収容所行きとなるが、オタは非ユダヤ系の母親とともに家庭に残る。父と兄は戦後無事に帰還する。

戦後、チェコスロヴァキア・ラジオ局のスポーツ記者として活動し、同行取材でアメリカ、フランス、スイス、ソ連などに滞在。

1964年のインスブルックオリンピックで取材中、精神的錯乱に陥り、入院生活を余儀なくされる。心臓発作により、43歳で他界している。

作品[編集]

  • Hory a lidé, 1964
  • Dukla mezi mrakodrapy, 1964
  • Plná bedna šampaňského, 1967
  • Cena vítězství, 1968
  • Pohár od Pánaboha, 1971
  • Smrt krásných srnců, 1971
    • 『美しい鹿の死』千野栄一訳、紀伊國屋書店、2000年
  • Syn celerového krále, 1972
  • Jak jsem potkal ryby, 1974
  • Pohádka o Raškovi, 1974

死後刊行された作品[編集]

  • Fialový poustevník, 1977
  • Sedm deka zlata, 1980
  • Veliký vodní tulák, 1980
  • Zlatí úhoři, 1985 + 1991
  • Výstup na Eiger, 1989
  • Mám rád tu řeku, 1989
  • Jak šel táta Afrikou: Povídky, 1994
  • Omyl a jiné povídky, 1995
  • Olympijské hry a jiné povídky', 1996